Web連載:新人の活気が失われる前に打つべき手

ブラック1
新卒職員の活気がみるみる減少する職場ってありませんか?

今回の記事では、新卒職員の活気があるか否かをめぐる信念対立に焦点化しました。

https://www.cbnews.jp/news/entry/20180409164606

ひと月もしないうちに、新卒職員の元気がなくなる職場は、積年のひずみによって構造的に活力を奪ってしまいがちです。

それを、新卒職員の仕事に対する意欲が低いなどといっていたら、ますますおかしなことになって何色かわからないぐらいブラックになります。

まぁすでに底抜けのブラックかもですが。

今回のweb連載は、新卒職員の活力を奪う職場で働く人たちができる対策を論じました。

なお、新卒職員の立場でいえば、5月を過ぎたあたりで活力が恐ろしく低下するぐらいしんどい職場なら、他に移ることも考えたらよいでしょう。

そのあたりの詳しい話は以下からどうぞ。

https://kyougokumakoto.blogspot.jp/2018/04/blog-post_8.html

お知らせ

無料ダウンロードできます!

本研究室では様々な臨床ツールを開発しています。

多くの皆さまに研究協力していただいていますので、社会貢献をかねてこちらから無料でダウンロードできるようにしています。

現在、以下の臨床ツールが無料で入手可能です。

組織マネジメント系

  1. 信念対立評価14(ABCR-14)
  2. 専門職のための信念対立評価尺度(ABCP)

臨床アセスメント&アウトカム系

  1. 作業機能障害の種類と評価(CAOD)
  2. 作業機能障害に種類に関するスクリーニングツール(STOD)
  3. ポジティブ作業評価15(APO-15)
  4. ポジティブ作業評価等化版(EAPO)
  5. リハビリテーションに関する達成動機尺度(SAMR)
  6. 作業的挑戦尺度(OCA)

Live Study(らいすた)はじまりました!

Instagramのライブ配信機能を活用した新しい学び場を創ります。

公式ホームページはこちらですが、以下のアカウントをフォローいただければ、らいすたの最新情報をいち早くお届けできます。

寺岡睦(代表)

Instagram note Twitter Facebook

京極真(副代表)

Instagram note Twitter Facebook