第2回 上肢練習集中セミナーのお知らせ

12月13日はらいすたシリーズ企画 CI療法

スクリーンショット 2017-12-01 10.16.54


12月13日は、竹林崇先生(@takshi_77)によるらいすたの日です。

時間は19:00から20:00で、参加費は無料です。

既に多くの方がご存じですが、竹林先生(@takshi_77)は国内外の最前線で活躍し続ける気鋭のCI療法&作業療法研究者です。

無料で彼の高度で明快な講演を聞けるのは、らいすただけです(たぶん)。

これまでCI療法に関心がなかった人も、この機会にぜひ参加していただけたらと願っています。

ほんの少しでも話を聞けば、CI療法がもつポテンシャルの高さに気づくことでしょう。

資料はnoteから

らいすたは参加費無料です。

「CI療法についてちょびっと知りたい」という方は、竹林先生のInstagramのアカウントをフォローしていただければ、無料で視聴できます。

資料も映像で流れるので、気軽に視聴したい人はそのまま見てください。

もし、じっくり学びたいと思う人がいれば、noteからダウンロード購入してください。

今回の資料は以下から入手できます。

今回は第二回になりますが、もちろん第一回の資料も入手できます。

じっくり学びたい方はこちらも必要に応じてどうぞです。

12月のらいすたの予定

12月のらいすたシリーズ企画は以下のスケジュールを予定しています。

参加したい人は講師のInstagramのアカウントをフォローする必要があります(無料)。

ちょっと気になるテーマがあれば、気軽にフォローしてください。

12月4日

講師:京極真
テーマ:OBP2.0
概要:作業機能障害の種類を哲学的、科学的に詳解します。
Instagram:https://www.instagram.com/kyougokumakoto/

12月13日

講師:竹林崇
テーマ:CI療法
概要:上肢の練習量がもつ意義と実際を詳しく論じます。
Instagram:https://www.instagram.com/takebayashitakashi/

12月22日

講師:寺岡睦
テーマ:OBP2.0
概要:作業機能障害の介入につなげるために、この問題を的確に捉える手法を詳解します。
Instagram:https://www.instagram.com/teraoka_mutsumi/

お知らせ

無料ダウンロードできます!

本研究室では様々な臨床ツールを開発しています。

多くの皆さまに研究協力していただいていますので、社会貢献をかねてこちらから無料でダウンロードできるようにしています。

現在、以下の臨床ツールが無料で入手可能です。

組織マネジメント系

  1. 信念対立評価14(ABCR-14)
  2. 専門職のための信念対立評価尺度(ABCP)

臨床アセスメント&アウトカム系

  1. 作業機能障害の種類と評価(CAOD)
  2. 作業機能障害に種類に関するスクリーニングツール(STOD)
  3. ポジティブ作業評価15(APO-15)
  4. ポジティブ作業評価等化版(EAPO)
  5. リハビリテーションに関する達成動機尺度(SAMR)
  6. 作業的挑戦尺度(OCA)

Live Study(らいすた)はじまりました!

Instagramのライブ配信機能を活用した新しい学び場を創ります。

公式ホームページはこちらですが、以下のアカウントをフォローいただければ、らいすたの最新情報をいち早くお届けできます。

寺岡睦(代表)

Instagram note Twitter Facebook

京極真(副代表)

Instagram note Twitter Facebook

らいすたで作業機能障害を語り尽くします!

らいすたでは現在、新しい作業療法理論であるOBP2.0の連続講義を配信しており、資料は以下からダウンロード購入できます。
第1回 OBP2.0概要
第2回 作業機能障害・前編

12月4日(月)19:00から20:00「作業機能障害・後編」

  • 参加したい人は京極のInstagramアカウントをフォローしてください。
  • 概要:作業機能障害の実態、作業機能障害の種類、作業不均衡、作業不均衡の例、作業剥奪、作業剥奪の例、作業疎外、作業疎外の例、作業周縁化、作業周縁化の例、作業機能障害の全体像