捉え方ひとつでストレスが生じたり消えたり



こういう仕事していると、こちらの事情に関係なく督促がきますし、急ぎで対応しないといけない案件が発生します。

で、こういう状態を「旅行中なのに何で仕事せなアカンねん」などとネガティブに受けとるか、「いつでも仕事できるなんてラッキー♡」などとポジティブに受けとるか、でストレスの発生の仕方が変わってくると感じています。

変わるんです。

前者の解釈に立つと、現代の奴隷のような気分になって、ほんとーに憂鬱になってきます。

他方、後者の解釈に立つと、場所を選ばず必要なことがいろいろできるので、暮らしに自由があるように感じるから心楽しくなります。

では、よりよく生きるためにはどう解釈するか。


当然のことながら、基本的には後者の解釈がオススメです。

これだど、ほとんどストレスを感じません。

ただ、人によっては「あーなんで旅行中までこんなことやってるんだろう」と感じることでしょう。

けど、そー感じても何も良いことがありません。

精神的にマゾでなければ、ほんとーにメリットがないのです。

なので、すぐに気分を切り替えてポジティブに解釈するようにしましょう。

身体的なストレスは休息したら回復しますけど、精神的なストレスは休息しても解釈がネガティブだと回復しません。

体験的に、心的ダメージはネガティブな受け取り方がベースにある限りは、いくら温泉にはいってゆっくりしても解消されることなく蓄積し続けます。

そんなのはまっぴらゴメンのはずです。

生きているといろいろありますが、どーせなら寿命はこころ楽しいことで満たしましょうね。