初学者のための論文の読み方(批判的吟味編)



論文の読み方は、目的によって変わります。

読むも「方法」の一つなので、当然のことながら目的相関的に遂行することになります。

例えば、ある領域に関する研究動向を勉強したいなら、過去5年分ぐらいの総説論文・システマティックレビューをいくつか入手し、はじめから終わりまで丁寧に読み込みます。

一度で理解するのは難しいでしょうから、何度も読み込みことになりますが、それでだいたいの動向がわかるはずです。

他方、論文の質を吟味したいならば、EBM方式で読みます。

EBM(evidence-based medicine)は、患者の価値観、専門家の経験、エビデンスを踏まえて最良の判断を行う方法論です。

論文の質の吟味は、徹底的に手続き化されているので、それにそって各論的に吟味していきます。

以下のサイトから批判的吟味のためのチェックシートが手に入ります。

CASP JAPAN

さて、テーマは批判的吟味です。

批判的吟味を行いはじめると、どんな論文にも何かしらの問題があるということがよくわかります。

すごい良くできた研究でも、何らかの限界があります。

ぼくもかつてEBM(作業療法ではEBOTと呼びます)を熱心に取り組んで、いろんな論文を批判的吟味しまくった経験があるのでわかるのですが、とにかくやればやるほど不確かさだけが鮮明になってきます。




つまり批判的吟味から確かな知識なんてほとんどないじゃないかという感覚を持つようになるわけです。

それは間違っていないのですが、そこから全か無かの法則に至ってしまう人が一部にいると感じています。

つまり、論文にちょっとでもダメなところがあると、論文全体を否定する読み方になってしまう。

鬼の首でもとったかのように「〜〜がなってないから、この論文はあてにならない」とか「〜〜じゃないから、読むに値しない」などとように、部分から一足飛びで全体を否定する考え方になってしまう人がいるんです。

批判的吟味は、怪しい情報で命を奪わないようにするために欠かせません。

が、一部から全部を簡単に否定する読み方は実際的ではありません。

理由は、ほとんどの論文が何かしらの限界を持つならば、使えそうなところと使えないところを個別に切り分けて読み解いていかないと、何も使えないことになるからです。

限界があるなら、それを踏まえたうえで活かせそうなところを見抜いていく。

そういうプラグマティッックな読み方が批判的吟味には必要だろうと、ぼくは感じています。

以上を踏まえて、論文の読み方のコツは、全肯定と全否定はさしあたりまずいかもしれないという認識を持ちながら読む、というものになります。

「なんだそんなことか」と思う人がいるかもしれませんが、これけっこう大切です。
批判的吟味しはじめると、全か無かで判断したくなる衝動に駆られることがあるからです。

これから論文の読み方(批判的吟味)を身に付けたい人の参考になればと思いますぅー。